HOME ホーム:僕らみんなの帰る場所 2017 - 2019

「統計的有意」には弊害があるとして800人以上の科学者が反対を表明 – GIGAZINE

「真実はいつもひとつ」のはずですが、真実を確かめるために実験したとしても、必ず1つの結果が得られるわけではありません。例えば薬を投与したとして、効果があるのかないのか実験するとき、「薬の効果は偶然ではない」と統計学的に判断できたとき、その結果を「有意」と呼びます。しかし、この「有意」という言葉に振り回されていると科学者800人が反対意見を表明しています。
— 読み進める gigazine.net/news/20190322-scientists-against-statistical-significance/

Leave a Reply

Close Menu
Close Panel
%d bloggers like this: