知っておくべきこと:米議事堂乱入事件とトランプ弾劾の意味

米民主党がトランプをやっつけるのに本末転倒な国内反テロ法を持ち出したのは大きな失敗だ。国内反テロ体制は、共和党の草の根の大半を占めるトランプ派を濡れ衣的にテロリスト扱いして共和党全体を敵視していき、米国のエスタブ支配を安定させてきた2大政党制を壊す。バイデンは、共和党との良い関係を構築し直して2党で覇権運営する2大政党制・2党独裁制を再建するはずだった。だが、まだ就任前なのにバイデンの前には、共和党を敵視して米国を内戦に陥らせる国内反テロ体制が用意されている。1994年に国内反テロ法案を最初に作ったのが上院議員のバイデンだったのも皮肉だ。

— 読み進める tanakanews.com/210115trump.htm

Leave a Comment

%d bloggers like this: